ETCレーンの通過速度を抑制 北陸道 敦賀IC

ETCレーンの通過速度を抑制 北陸道 敦賀IC

 NEXCO中日本/北陸自動車道・敦賀ICでは、ETCレーンの通過速度抑制対策として、11月5日より、ETC開閉バーの開く時間を遅くするようになりました。

 もし、20km/hを越えてETCレーンに進入すると、ETC開閉バーに衝突する場合があります。

 今まで、ETCレーン内での事故防止のために、各道路事業者はETCレーンでは20km/h以下で走行するように訴えてきました。

 しかし、実際にはそれを大きく上回る速度で走行している運転者がほとんどです。これは、重大事故に発展する可能性もあります。このため、NEXCO中日本・金沢支社では、ETCレーンの通過速度抑制対策を強化することになりました。

 安全運転を心がけましょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ