首都高の環境ロードプライシング、大型車限定のETC割引です。

大型車限定のETC割引です。
料金を格差をつけて環境影響の少ない臨海部のご利用で割引が適用されます。

大型車限定の割引サービス

大型車限定の割引サービスです。料金を格差をつけて環境影響の少ない臨海部に誘導することが、環境ロードプライシングの目的とされております。

横羽線「大師~浅田」間を通行せずに、
湾岸線「川崎浮島JCTから大黒JCT」または、
川崎線「川崎浮島から大師出入口」を経由するETC利用の大型車は、割引が適用されます。

環境ロードプライシング割引を適用した金額に対しては大口・多頻度割引、東京湾アクアラインから大師、殿町、東扇島をご利用の場合は、会社間乗継割引も適用されます。




横羽線沿線の環境改善

首都高速道路における環境ロードプライシングは、「住宅地域の沿道環境を改善することを目的として、料金に格差を設けて、住宅地域に集中した交通の湾岸部への転換を図る施策」です。

首都高速横羽線及び産業道路は首都圏の骨格として大量の自動車交通を処理しています。しかしながら、これらの道路は市街地を通過していることから、道路交通騒音、自動車排出ガス等によって道路沿道環境に多大な影響を及ぼしており、その改善が急務となっています。

このため、首都高速道路株式会社では関係機関と協力して湾岸線への交通誘導を促進するネットワーク整備や遮音壁、低騒音舗装及び裏面吸音板の設置等の道路構造の改善による対策が推進されております。

ETC大型車にて「大黒JCT→川崎浮島JCT」間の湾岸線東行き(東京方向)をご利用になる場合で、引き続き東京線(川崎浮島JCTより先の区間)をご利用になる場合、「多摩川トンネル出口の約130m先の本線上に設置されたETC感知アンテナ」を使って神奈川線内における「環境ロードプライシング」割引適用の判定が行われます。

そのため、首都高をご利用中にETCカードの取り出し交換等を行った場合には、「環境ロードプライシング」が適用されない場合があります。

「首都高に乗る時から降りるまでの間」は、ETCカードの取り出し・交換等はしないようにしましょう。

【参考】
首都高速道路 割引情報 / 環境ロードプライシング割引(2012年1月1日より適用)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ