【大口・多頻度割引(阪神高速)】ETCコーポレートカードで割引。


ETCコーポレートカードをご利用の事業者様向けの通行料金の割引制度です。


事業者向け

大口・多頻度でご利用になるお客様を対象としたETCによるご利用を前提とする通行料金の割引制度です。阪神高速のご利用金額に応じて割引が適用されます。

割引対象

ETCコーポレートカードをご利用の事業者

割引内容 阪神圏

当月のご利用金額に応じて「1.車両単位割引」と「2.契約者単位割引」の2種類の割引を組み合わせて適用されます。

  1. 車両単位割引

    ETCコーポレートカード1枚ごとに1か月の阪神高速のご利用金額に応じて、以下の割引率を適用した金額を割り引き。

    • 5,000円超から10,000円以下の部分 割引率 10%
    • 10,000円超から30,000円以下の部分 割引率 15%
    • 30,000円超の部分 割引率 20%
  2. 契約者単位割引

    契約者の1か月の阪神高速のご利用金額が100万円を超え、かつ、当月において阪神高速を利用した契約者の自動車1台当たりの阪神高速月間平均利用額が5,000円を超える場合は、契約者の1か月の阪神高速のご利用金額の合計から10%割引になります。

割引内容 京都圏

当月のご利用金額に応じて「1.車両単位割引」と「2.契約者単位割引」の2種類の割引を組み合わせて適用されます。

  1. 車両単位割引

    ETCコーポレートカード1枚ごとに1か月の阪神高速のご利用金額に応じて、以下の割引率を適用した金額を割り引き。

    • 5,000円超から10,000円以下の部分 割引率 3%
    • 10,000円超から35,000円以下の部分 割引率 6%
    • 35,000円超から70,000円以下の部分 割引率 8%
    • 70,000円超の部分 割引率 13%
  2. 契約者単位割引

    契約者の1か月の阪神高速のご利用金額が100万円を超え、かつ、当月において阪神高速を利用した契約者の自動車1台当たりの阪神高速月間平均利用額が5,000円を超える場合は、契約者の1か月の阪神高速のご利用金額の合計から5%割引になります。

参考: 阪神高速ホームページ 大口・多頻度割引(事業者向け)

更新: 2012年3月21日

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ