【NTTグループカード】利用するほど還元率が電話料金に反映されます。

NTTグループカードというネーミングからイメージできる事と思うが、クレジット利用額によって還元率が決まり、これによって電話料金・通信料金がオトクになることが特徴のクレジットカードです。

通信料金に還元

クレジットの利用金額に応じて、NTTの通信料金が値引(キャッシュバック)される。NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーション、インタネットプロバイダーのOCN・niftyなどの利用料金が値引されるのだ。キャッシュバック対象額に15,000円という上限はある。それでも、オトクだ。

キャッシュバック率(還元率)

月間カード利用金額 2万円未満 2万円以上 4万円未満 4万円以上 6万円未満 6万円以上 8万円未満 8万円以上 10万円未満 10万円以上 20万円未満
キャッシュバック率 0% 1.5% 3.0% 4.5% 6.0% 8.0%
月間カード利用金額 20万円以上 30万円未満 30万円以上 40万円未満 40万円以上 50万円未満 50万円以上 60万円未満 60万円以上
キャッシュバック率 18.0% 28.0% 38.0% 50.0% 60.0%

例えば、1ヶ月間に通信料金を15,000円、その他のショッピングで85,000円をNTTグループカードでお支払いした場合には、クレジットのご利用金額は10万円で、キャッシュバック率は8.0%が適用される。通信料金15,000円から8%の1,200円がキャッシュバック、実質13,800円の負担で済む。

通信料金15,000円 + ショッピング85,000円 = ご利用額 100,000円

よって、キャッシュバック率8.0%が適用。

通信料金15,000円 x 8% = 1,200円 の キャッシュバック!
(通信料金15,000円 – 1,200円 = 13,800円の実質負担。)

安心サービス

クレジットカードでお買い物すると、キャッシュバックでオトクというだけじゃなくて、現金買いよりもちょっとした安心もある。補償サービスだ。

オンラインショッピングでNTTグループカードを使って決済した商品は補償される。破損や盗難、火災などによる損害を補償するのだ。オンラインショッピングでなくても、リボ払いや3回以上の分割払いにすれば補償される。年間100万円まで。

補償はショッピングだけじゃない。旅行もネット予約なら、万一のことがあった場合には、キャンセルも補償される。対象は、会員、会員の配偶者または会員の1親等以内の親族の死亡、傷害または疾病による入院、もしくは、会員、会員の配偶者または子供の傷害による通院だ。1名あたり年間限度額は5万円 (うち通院1万5千円)。

キャッシュバックによるオトク感と安心の補償を考えると、NTTグループカードが届いたら、どんどん活用したほうがいい。

ETCカードは有料

ETCの利用となると、他の多くのカードと同様に、オプションで別途ETCカードの発行が必要になる。NTTグループETCカードだ。最近ではオプションで発行するETCカードの多くが無料になっているが、NTTグループETCカードは、年会費として525円(うち消費税25円)が掛かる。念のため、申込前に、確認しておこう。

年会費

NTTグループカード 無料

NTTグループETCカード 525円(うち消費税25円)

NTTグループカード ホームページ

NTTグループカード入会後、4ヶ月以内のショッピング利用金額が5万円以上で2,000円のキャッシュバック(還元)。20万円以上なら、なんと10,000円キャッシュバックが受けられます。期間限定、2014年3月31日迄。

One Response to “【NTTグループカード】利用するほど還元率が電話料金に反映されます。”

  1. もとつん。 より:

    NTTグループカードには、ゴールドカードもあります。

    空港ラウンジサービスの無料利用、空港から自宅まで手荷物を500円で宅配するサービスなど、充実の特典がついてます。さらに、最高5,000万円までの旅行傷害保険に、ショッピング補償保険は年間300万円までと、補償もゴールドカードならでは。

    年会費は、5,250円(税込)です。ゴールドカードにしては、抑えた料金設定だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ