首都高速 距離別料金 来秋導入

 首都高速道路会社は20日、来年秋の導入を目指す新しい通行料金制度案を発表しました。

 現行の均一料金制度を改め、通行距離に応じた金額を徴収する仕組みに移行するものです。

 東京都内の路線では最低料金を400円、最高料金を1200円に設定されました。自動料金収受システム(ETC)による支払いが前提で、現金支払いの場合は距離にかかわらず最高額を求めるそうです。

 ETCを使わねば、500円の値上げ!?ランボーですね。

 月末まで利用者から意見を募ったうえで、来春をメドに最終案を決めます。

 首都高案では、都内を中心とする東京線について、通行距離3キロメートル未満は400円、32.5キロ以上は1200円に設定。

 その間は1キロから1.5キロ増えるごとに、50円ずつ段階的に加算。

 10キロ以上19キロ未満の距離帯だけは700円で固定する。

 一律700円の現行料金に比べ、10キロ未満だと値下げ、19キロ以上だと値上げになります。

 神奈川線(現行は一律600円)、埼玉線(同400円)も同様に通行距離に応じて料金を段階的に上げる仕組みになります。

詳しくは
→ http://www.shutoko.jp/etc/guide/kyoribetu-ryokin/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ