首都高・距離別料金 ETCの利用を義務付け

10月に発足した首都・阪神の両高速道路会社は、
2008年度をめどに導入する新しい通行料金制度の原案を発表。

いまの均一料金制を改めて、
通行距離に応じた料金体系にするらしい。

走った距離を把握するため
ETCの利用を原則として義務付けるんだって。

ちなみに首都高速の東京圏では、
普通車の一律700円が250―1700円

不公平感の緩和が狙いだそうです。
課題はETCの普及や大幅値上げとなる遠距離利用者の負担軽減などと言われています。

ETCはとても便利とは思うけど、
でも、やっぱり、クレジット機能に抵抗がある人もいるだろうし、
ちょっとETC普及に強引過ぎる手のような気がするんだけど…

ETC前払割引もやめちゃうし…←あんまり関係ないけど

携帯電話[:ケータイ:]もプリペードカードありますし。
前払い方式のハイウェイカードやJRのSuicaのような、
ETCゲートを通行できる前払いカードがあればいいと思うのですが…。
そのへん、どうなんでしょうね?

まっ、原案ですし、施行まで時間ありますから、
いろんな対策が出るんでしょうね。

便利に気軽に使える道路、期待してます。高速道路会社さん!

ETCでポップ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ