路外パーキング 阪神高速

 阪神高速道路では、高速道路外の沿線の施設を道路内のパーキングエリアのように利用できる「路外パーキング」(仮称)サービス実験を、2009年2月頃から実施される予定です。

 「路外パーキング」では、パーキングが設置されていない区間でのトイレ休憩や食事などを利用できるように、高速道路外の施設と連携して、駐車場、コンビニエンスストア、ガソリンスタンドなどの施設を阪神高速のパーキングとして利用できるよう検討されています。

 首都高速道路でも同様のサービスを「スマートPA」として検討中です。

 ETCを活用することで、利用者は、一旦高速道路を降りても、1回分の料金で道路外の施設を利用できます。

 阪神高速は08年12月にモニターを募集し、09年2月から新西宮ヨットハーバー(駐車場)で実験が開始されます。最寄りの出入口は、5号湾岸線・南芦屋浜出入口、同西宮浜出入口です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ