圏央道「相模原愛川IC~高尾山IC」開通。東名高速・中央道・関越道の乗り継ぎがスムーズに。

2014年6月28日(土)に、圏央道の「高尾山IC~相模原愛川IC(延長14.8km)」間が開通になりました。これにより、東名高速・中央道・関越道がつながります。

物流の時間短縮、国道16号の渋滞回避、湘南地域からのアクセス圏域が広がることで観光地へのアクセス向上、災害時の緊急輸送道路の多重性など、さまざまな効果が期待されています。スムーズにドライブが叶うとイイですね。



開通路線名

圏央道
(正式名:国道468号首都圏中央連絡自動車道)

開通区間

国道129号線
相模原愛川インターチェンジ
(厚木市上依知 あつぎしかみえち)

 ↑↓ 14.8km : 4車線

国道20号線
高尾山インターチェンジ
(八王子市南浅川町 はちおうじしみなみあさかわまち)

開通日

平成26年6月28日(土)

(参考)
NEXCO中日本 圏央道 相模原愛川IC~高尾山IC 概要[PDF]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ